検索アナリティクスのページ、キーワードをSpreadsheetにまとめる方法

検索したクエリがわかる検索アナリティクス使っていますか?

検索アナリティクスは、Google Search Consoleの1つの機能です。
検索アナリティクス

検索アナリティクスは、上記URLから確認する方法と、Google APIを使ってアクセスする方法があります。

googleのwebmastersサイトは、速い応答反応でグラフ表示で視覚的に優れています。
サイト全体のクエリ・ページ、掲載順位、表示回数、CTRなど分析するのにはベストです。

個別ページ、個別のクエリを細かく分析する場合には、操作が増えてきて力不足です。

今回ご紹介するのは、Googleのスプレッドシートに検索アナリティクスのデータを取り込んで、
ピボッドテーブルで分析する方法です。

検索アナリティクスで何がわかるの?

検索アナリティクスでわかるのは、Googleの検索結果の以下の内部的な情報です。

  • ユーザーが入力したキーワード、
  • Googleの検索結果の順位、
  • Googleの検索結果に表示された回数、
  • クリックされた回数

 
Google Search Consoleに所有ドメインを登録することで、2つの欲求を解消してくれます。
 

  1. サイトの掲載順位、ページ別アクセス数、検索ボリュームを知りたい
  2. サイトに訪れたユーザーがどんなキーワードでアクセスしているか知りたい

 
さらに、ページ別にキーワード、クリック数、キーワードボリューム、掲載順位を知ることもできます。
 
検索アナリティクス機能で最大90日間のアクセスを分析することができます。
 
 
クリック数、表示回数、CTR(クリック数/表示回数)、掲載順位をグラフ、数値で確認できます。
 

「検索での見え方」は、AMPに対応したサイトの場合表示されます。
 

  1. クエリキーワードの一覧よりキーワードを選択することでクエリでフィルタができます。
    フィルタされた状態で、ページを選ぶと、選んだキーワードのクリック数、表示回数、CTR、掲載順位がページ別にわかります。

  2. ページ一覧よりページを選択することで、ページでフィルタができます。
    フィルタされた状態で、クエリを選ぶと、選んだページで検索されるキーワード別のクリック数、表示回数、CTR、掲載順位がわかります。

  3. PC、モバイル、タブレット、デバイス別の情報でフィルタすることもできます。

 

検索アナリティクスのページ、キーワードをSpreadsheetにまとめる方法

ここからは、GoogleのスプレッドシートへGoogle Search Consoleの検索アナリティクスデータを一括で取り込む方法をご紹介します。

取り込む情報は、ページxクエリです。

日付ごとのボリュームを管理したい方は、日付xURLの表が作れるGoogle Search ConsoleをGoogle Apps Scriptから呼びだす(Qiita)方法がぴったりです。
http://qiita.com/kiita312/items/d5ffd0207b8411c159e1

準備

Google Search Consoleの登録とプロパティ済みでデータがあることが前提です。
また、Google API Managerがご利用可能な状態であることが前提です。

Google DocsのSpreadsheetを使います。

Google API Managerは、Google Developers Consoleに登録することで使えるようになります。

これらがまだ使えない方は、初めに使えるようにしておいてください。

大まかな手順

  1. Google API ManagerでOAuth2.0クライアントIDを発行します。
    Google スプレッドシートからアクセスする際必要になります。

  2. Google API ManagerからGoogle Search Console APIを有効にします。
    Search Analytics APIのアクセスが有効になります。

  3. Google スプレッドシートを新規作成します
  4. 作成したスプレッドシートにページxクエリを取得するスクリプトを登録します。

Seach Analytics API
Search Analytics APIの使い方、デモが可能なURLはこちらです。
https://developers.google.com/webmaster-tools/search-console-api-original/v3/searchanalytics/query

こちらのリンクは、Googleが提供するAPIの全てを網羅しています。
https://developers.google.com/apis-explorer/#p/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL